経産婦ができやすい

妊娠中の赤ちゃんは10カ月もの間、母親のおなかの中で成長し続け壮絶な出産の元、この世に誕生します。一度出産を経験する事で、二度目に出産するときには不安や焦りなどは少なく、気持ち的にもゆとりを持って妊娠生活を楽しむ事ができます。更に既に生まれている子供たちとの生活もあり、一人でゆっくりするまもなく妊娠生活が過ぎていきます。そのため経産婦さんの約7割近く妊娠線ができてしまうといわれています。一人目はできなかったのとショックを受ける人が多く、なぜ高確率でできやすくなるのでしょうか。

一人目で妊娠線ができてしまった人や、一人目のときに妊娠線ができてしまったところに重点を置いてしっかりケアしなくては同じことの繰り返しになってしまいます。より目立つ妊娠線にならない為にも、予防クリームをぬる習慣を付けましょう。

そして一人目の時にできなかった人は、決して自分はできない体質という訳ではありません。そのため油断することなく予防のためのケアを欠かさないようにしなければいけません。子育てとマタニティーライフの両立は、どうしても自分の事より子育てが優先されてしまいます。自分のケアを忘れない為にも、お風呂上りや着替えをするときなど決まった時間に手入れをするという習慣づけをするといいでしょう。

Categories: 未分類

体型と妊娠線

妊娠は女性にとって大きな体の変革でもあります。10か月間の妊娠期間中は今までの体とは違う様々な変化に戸惑う人も多いでしょう。そして最も妊娠を実感するのがお腹のふくらみです。妊娠中の体重増加は、体型によって指導が入る場合があります。小柄な人や太っている人は妊娠線ができやすいので注意が必要です。

なぜ妊娠線ができやすい体型なのでしょうか。小柄な人は長身の人に比べると体の全体の皮膚が少ないです。しかし胎児の大きさは小柄の人でも大柄の人でもあまり変わりません。そのため小柄の人はお腹が大きくなると皮膚への負担が大きく真皮が伸びきれず妊娠線ができやすくなります。そのため妊娠初期からお腹が出始めてやすく、皮膚の断裂がしやすくなります。お腹だけでなく二の腕や太もも、おしりなども出来やすいのでかゆいと感じたらしっかりと保湿しましょう。

また太っている人は妊娠前から皮下脂肪が蓄積してしまっています。皮下脂肪がある分厚くなってしまう為、お腹が大きくなると皮膚が伸びにくくなってしまいます。これによって皮膚のひび割れがおきやすく、妊娠線ができやすいと言われています。自分の体型が小柄な人や太っているなと感じている人は早い段階から保湿を心がけ妊娠線を予防していきましょう。

Categories: 未分類

つわりと妊娠線

妊娠中には今までにはない体の変化があります。妊娠初期にはつわりに悩まされる人が多く、吐き気や倦怠感が数週間以上続きます。この期間、思う様に食事をとる事ができずどんどんどん体重が減少してしまう人が多いです。安定期に近づくとつわりの症状場が徐々におさまり、食欲を取り戻す人が多いです。今まで食べられなかった分、多くの栄養素を摂取してしまい体重が急激に増える人がいます。そこで注意しなければいけないことが、妊娠線ができてしまう可能性が高いという事です。

妊娠線はお腹が急激に大きくなることで、お腹の皮膚が伸びきる事ができずにひび割れの様になってしまいます。妊娠の実感といえば、お腹が大きくなってくることではないでしょうか。今までにはない体の変化に、体が柔軟に対応する事ができなくなってしまいます。妊娠線の予防はほとんどの妊婦さんが意識して行っています。しかし、妊娠中期以降にお腹がもっと出てきたときに意識して行う人が多いです。しかしお腹の膨らみ方は人によって異なり、つわりの後から急にお腹がでてくる人もいます。妊娠線予防クリームなどをお腹に塗り、乾燥しないように気を付ける事で妊娠線ができる可能性を低くすることができます。

Categories: 未分類

妊娠線の特徴

出産は10カ月もの間お腹の中で母体から栄養をもらい育っていきます。最初は全く目で確認できない大きさの胎嚢が、数えきれないぐらいの細胞分裂を繰り返し立派な胎児に成長します。その過程で母体はどんどんお腹が大きくなり、臨月になると体を動かすのが大変なほど体の負担となります。
妊娠中に抱える悩みの一つとして、妊娠線が挙げられます。妊娠線は妊婦さんの約6割の人がなってしまうという症状です。差ライン妊娠線は一度できてしまうと二度と消す事ができず一残ってしまいます。妊娠線は赤ちゃんを産んだ証として誇りに思う人もいれば、妊娠線を消したいとコンプレックスに感じる人もいます。妊娠中は特に多くの妊婦さんができないように予防したいと考えています。そこで妊娠線はなぜできてしまうのでしょうか、そしてできやすい人の特徴などあるのでしょうか。

お腹の表面は柔らかく伸びやすいという特徴がありますが、真皮は表面の皮膚程伸びにくくなっています。そのため急激にお腹が大きくなった時に表面の皮膚の伸びに真皮が伸びきれず、ひび割れがおき妊娠線ができてしまいます。
妊娠線ができやすい人にはいくつかの特徴があり、その特徴に当てはまる人は注意深く対策をすることで妊娠線を防ぐ事ができます。自分は妊娠線ができやすい人なのか知っておくだけでも妊娠線の予防にもつながります。一番の妊娠線予防には、保湿対策をする事です。妊娠線を予防するためのクリームが沢山販売されています。乾燥してしまうと皮膚の伸びが悪くなり、より妊娠線ができやすくなります。十分な保湿をして妊娠線の予防をしていきましょう。

Categories: 未分類